通常メルマガのご登録はこちら

最近、お問い合わせの多いFacebook広告情報などを配信している
通常メルマガはこちらです。

通常メルマガへのご登録はこちら

※登録フォームの公開要望が多く、急遽、公開したため、
登録後はご挨拶メールが1通のみ届きます。

以降は、通常メルマガが不定期で配信されます。

売れやすい商品選定法:LPでチェックしたいポイントとは?

さて、前回の記事では、
→ サイトで紹介する商品選定法:売れてる商品を探す方法

知ってる人は知ってるけど、
初心者にとっては目から鱗な

【サイトで掲載する商品の選定方法】

を、ちょろーっとお話をしたんですが、

 

実は、他にも方法があることをお話したら、
私の予想を上回る、大多数の方々から、

もっと、他の方法が知りたい!

とのお声を頂きましたので、

 

今日は、もう少し踏み込んだ話を
数回に分けてお伝えしようと思います。

 

一応、念のためにお伝えしておきますが、
本日お伝えする商品選定法は

超絶、めんどう臭がりな私が、
育児や家事&仕事に追われながら、
苦肉の策で、辿り着いたものの

  • やってみたら意外と時短になる
  • ユーザーのニーズにはズッポシハマる
  • 自然と商品が売れてる

という方法ですので、もしかすると、
教科書通りの方法では無いのかもしれません。
※その教科書を見てないから分かりません(汗)

 

ですが、きっと、

  • 育児や家事、仕事で時間が無い
  • 副業でアフィリをしてるから実践時間が少ない
  • とにかくサクサク成約を出したい

そんな人には、オススメな方法ですので

商品選びに苦戦している人は、
この記事から数記事だけお付き合い頂く事で

【売れやすい商品選定法】

を身に着けることが出来るかと思います。

 

思い出してください。

まず、商品選定についてお伝えする前に、
あなたに、思い出してもらいたい事があるんです。

 

それが…

あなたが、ネットで商品を買う時には、
どんな風に購入に至っているのか?

ということ。

はい、今から5秒だけカウントするので
思い出してみてください。

 

チッチッチッチッチーーーン♪

 

はい!お時間です☆

多分、あなたが商品を買う時って、
以下のいずれかに、
当てはまるんじゃないでしょうか?

<パターン1>
「ネットサーフィンをしていたら
なんだか欲しくなっちゃって(・ω<) テヘペロ♪」<パターン2>「商品は決まってなかったけど、調べものをしてたら
丁度良さそうな商品が、見つかったんですよね♪( *´艸`)」<パターン3>「最初から購入する商品は、決まってましたけど?(´・ω・`)」

で、ですね、このような人たちを、カテゴリ分けしてみると、

  • パターン1:全く買うつもりの無い人(暇つぶし)
  • パターン2:何かしらの知りたいことがあった人
  • パターン3:商品が決まってる人

このように、分けることが出来るんですね。

 

どのパターンが、商品を選びやすく成約しやすいパターンでしょうか?

では、先ほどのパターンを見て、

初心者アフィリエイターが一番商品を売りやすいのは、
どのパターンか分かりますか?

 

答えは・・・

『パターン2:何かしら知りたいことがあった人』

ですね。

 

その理由なんですが・・・

 

パターン1の【商品を全く買う気が無い人】は

ただ記事の内容を読みたいだけなので、
記事で『商品を購入したい気持ち』まで
誘導する必要があるワケです。

 

となると、記事の内容はまぁまぁ回りくどくなり、
商品提示まで、離脱されないようにする高度なスキルが求められます。

 

初心者にはキツイですよね?

 

でもって、パターン3の【既に購入する商品が決まっている人】の場合、

私たちは、検索ユーザーがサイトに訪問してくれないと
ユーザーが何を欲しがっているのか、
エスパーでもない限り分かりませんから、
適当に商品を選んで紹介することしか出来ませんよね?

 

しかも、その選んだ商品が売れるとも限りませんから
当てずっぽうな状態になります。

 

であれば、何かしらを「知りたい!」と思っている人に対して、
その知りたい事柄に見合った商品を紹介してあげた方が、
小難しい事をするよりも、

  • 目的が把握できているから商品を選びやすい
  • 成約に至りやすい

という状態に持っていきやすいんですね。

 

商品選びをする際に大事なこと

これらの話を踏まえた上で、
商品選定法についてお話しようと思います。

 

検索ユーザーが「知りたい」と思っているその内容が、
結構、重要でして。

 

大きく分類すると、

  • 悩みや苦痛から逃れるための情報
  • 楽しむための情報
  • 今、流行りの情報
  • イベントや季節性の情報

といろいろあるワケですが、

ぶっちゃけ、ASPに登録してある商品を見ると、
いずれにも当てはまる商品があるので、
うまいこと誘導すれば商品は売れます。

 

ただ、あなたなら
既に知ってるかと思いますが、

苦痛や悩みから逃れるための情報を調べてる人は
今すぐにでも解決したいから調べてるので、

それに見合った商品を紹介すれば、
成約しやすいんですね。

んなこたぁー知ってるわっ!!(怒)

と、あなたがどつきたくなる気持ちも、十分に分かるんですが、

ここからが大事な部分ですので
あとちょっとだけお時間をください。

 

例えば、あなたが
ニキビに悩んでいたとしましょう。

 

そのニキビを解決するために、サイトやブログを見て、
以下の2つの商品を見つけたとします。

 

では、あなたなら
どっちの商品を欲しくなると思いますか?

A:報酬額3000円のニキビケア商品
http://rasure.jp/lp/?ad_code=a8

B:報酬額1442円のニキビケア商品
https://www.kathyschoice.jp/exlp_4/?ad_code=A8N

※2つともアフィリリンクではありません。
※クリックすると、普通にニキビ商品のLPが開きます。

多分、Bのほうが良さそうだと
感じるんじゃないでしょうか?

 

この2つは、ASP管理画面から
「ニキビ」と検索して出てきた商品でして、

確かに報酬額はAのほうが高いんですが、

■ニキビ=オイリー肌とは限らない
■自分がどの肌タイプなのか分からない人も多い
■ニキビだけに訴求していない
(訴求がいろいろある)

といった不安要素を抱えているんですね。

 

対し、Bの方は、

■大人ニキビと訴求がはっきりしている
■ニキビ全般に効果がありそう
■ニキビが出来る原因と解決法が書いてある

と、ニキビに訴求しているから
刺さりやすいんですよね。

ただし、ユーザーが
【オイリー肌】に悩んでいるんだとしたら、
Aのほうが売れます。

 

つまり、どういうことなのか?
というと、商品選びをする際には、

『ユーザーのニーズを
しっかり捉えた商品LPなのか?』

という点に気を付ける必要があるんです。

 

商品LPでチェックしたい点

実は、他にも商品LPでチェックしたい項目はいろいろありまして、

■購入金額が安い
■返金保証がある
■縛りが無い(or少ない)
■LPに直接、購入用の入力フォームがある
■後払い可能
■デザインがチープ過ぎない
■購入までにやたらとページ遷移しない

こういった点は、商品を購入するであろう
検索ユーザーにとっては
かなり大事な部分となりますので、

 

適当に商品選びをするのではなく、
ユーザー側の目線に立って、

きちんと商品LPをチェックすると、
成約しやすくなります。

 

ということで、今日は、

【売れやすい商品の選び方】

についてお話しましたが、次の記事では、

【類似する商品があった場合の選定法】

についてお話しようと思いますので、お楽しみに♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です